下町写真家、今日もはよから起きてみたけど

日本の写真家です、報道に行くつもりが物撮りに。

西新井大師 総持寺へ行ってきました

f:id:kawacame1959:20210104202018j:plain

五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)というのが東京都足立区にある西新井大師の正式な名称だそうです。

826年に建立されたそうですが現在の本堂は昭和41年に火事で焼失して昭和46年に完成したそうです。中野区にある新井薬師と同じ真言宗豊山派です。

ここは浅草寺ほど観光地化していないので比較的ゆっくりお参りできます。

周辺の店も少なく娯楽的な要素は少ないのですが草ダンゴはおいしいですよ。

 

ウチでは毎年達磨をここで調達しています。毎年元旦の午前中にお参りするのですが今回は混雑を避けて1月4日の午前中に行きました。

綾瀬からは「はるかぜ」という小さなコミュニティバスに乗って終点の西新井駅東口まで40分、210円の旅です。

f:id:kawacame1959:20210104202103j:plain

バス停からは徒歩で約15分で到着します。途中環七を渡るのが嫌ですね。

 

元旦の混みあう時は山門前からまっすぐ入れず左の路地から入ってゆきますが今日は全くガラガラ。時間も10時半前なので空いていて当然ですが。

なるべく他の人とは近づかないように配慮しながら行動しました。

f:id:kawacame1959:20210104202211j:plain

参道の手前には古いお店が残っています。酒屋さんの前では例年おでんなどを食べながらお酒を飲む人もいるのに今年は椅子も出ていません。

f:id:kawacame1959:20210104202241j:plain

f:id:kawacame1959:20210104202302j:plain

↓ 今日の参道の手前ですがいつもの正月が人でごったがえしています。

f:id:kawacame1959:20210104202835j:plain

f:id:kawacame1959:20210104202425j:plain

山門は古めかしくて立派ですが2018年に改修補強工事をしました。その時に6m後退し前の広場が広がりました。詳しくは下記に。

https://www.shimz.co.jp/shimzdesign/topics/nishiarai.html

f:id:kawacame1959:20210104202443j:plain

門をくぐると左に塩地蔵さん。イボなどを直してくれるといいます。

f:id:kawacame1959:20210104202510j:plain

更に進んで左には達磨や破魔矢などの納め所。ここで一年間お世話になった達磨さんを納めます。

f:id:kawacame1959:20210104202533j:plain

f:id:kawacame1959:20210104202547j:plain

そして本堂へ。空いているので規制もなくお参りもゆっくりできました。

f:id:kawacame1959:20210104202609j:plain

境内は空いています。天気も良く逆光の太陽がまぶしい。

f:id:kawacame1959:20210104202636j:plain

さて達磨さんを選びます。今回も8号、1,900円でした。

f:id:kawacame1959:20210104202659j:plain

出店が少ないです。例年の半分以下かもしれません。やはり飲食系が少ないと温かさや活気が感じられません。

f:id:kawacame1959:20210104202917j:plain

梅が少し咲き始めたようです。望遠レンズが無くて小さく写っているのでわかりづらいですね。

f:id:kawacame1959:20210104202946j:plain

門を出ると左の草ダンゴの「中田屋」さんが大きなビルになっているのでびっくり。昨年はあまり気が付きませんでした。しかもそのビルは老人ホームとなっていました。中田屋さんは古い建物だったころ割烹もやっていて、わが家が製パン業だったので足立区の製パン業組合で新年会が行われ、毎年父が楽しそうに行ったお店です。現在の老人ホームの経営母体はソニーグループになっているようです。人生の最後も外資系とは・・・

f:id:kawacame1959:20210104203109j:plain

f:id:kawacame1959:20210104203136j:plain

唐辛子を買いました。やはり唐辛子は調合してもらうのがおいしいです。容器には半分ほど入れて残りは袋に入れて密閉して冷凍庫に保管すると1年間くらい風味が持つそうです。主の付け爪が見事でした(笑)。

 

さて西新井大師駅前から北千住へ買い物があるのでバスに乗り大師を後にしました。

年賀状の整理もだいたい終わったし、やっとこれで正月やるべきことが終わったなというところです。

正月は忙しい!

明日から本格的に仕事再開です。でもその前に画像データの処理と見本と展示用のプリントを今日中にしないと。フリーの写真家というのは好きな時に休めるけど、いつでも仕事ができる体制にないといけません。もう30年そうしてます。

謹賀新年。2021年、令和3年が始まりました

f:id:kawacame1959:20210101161522j:plain

あけましておめでとうございます。

厳しい2020年は終わりました。

ただ私たちを取り巻く状況が全く変わったということではなく引き続き警戒が必要です。

僕は今月23日で62歳を迎える予定です。

あっという間に還暦も過ぎました。本人はびっくりです。

 

さて、元旦は恒例の行事を行っていません。

氏子の神社へのお参りと西新井大師へ参拝です。氏子神社は先月末にお札をもらって絵馬なども手に入れてきて早めの年始の挨拶も済ませました。西新井大師は達磨の納めと購入ですが空いた時期に行こうと思っています。

f:id:kawacame1959:20210101161246j:plain

 初日の出は一人で拝みに行きました。ウチから車で約40分、距離にして16キロ弱です。場所は東側が開けていて人出も少ない東京ヘリポート脇。

f:id:kawacame1959:20210101161311j:plain

持って行った機材はニコンD850、シグマ50~500mmレンズ、ルミックスG9Pro、100~300mmレンズ、12~60mmレンズ、三脚2本

f:id:kawacame1959:20210101161039j:plain

6:51が日の出の時刻ですが千葉の大地の上に出るし低い位置に雲があるので実際に見えたのはは6:58だったでしょうか。

 

今年は雲も少なく風もそれほどなかったのですが空気も澄んでいます。寒さもそれほど感じませんでしたが、実はバイク用の新しいウエアを上下に来ていたので温かかったのもしれません。最近ワークマンで扱っているバイク用ウエアは軽くて安くて高機能です。バイク用の1/2位の価格で買えるのでありがたいのです。

 

ルミックスは4K動画を写したのですが10分という連続撮影時間の制限を忘れていて太陽が半分くらい見えた時に録画が強制終了していました。昨年まで同様GH5を持ってくればよかったです。

 静止画の方も問題ありでAFとOIS(シグマの手ぶれ補正の名称)が働かなかったのです。比較的速いシャッター速度を使ったので手ぶれ補正は気にしなかったのですがフォーカスは光学ファインダーでMF合わせは厳しいなと思いました。でも少し絞れたし遠景なので結果的にはしっかりと写せました。

※日の出の撮影終了したら両機能とも動作しました。

f:id:kawacame1959:20210101161151j:plain

 あと三脚も4型にFSB8をつけて行けばよかったと後悔しています。撮影中は10倍ズームなので多少構図や倍率を変えながらパーンもするので水平出しに有利なビデを雲台にすべきでした。まあハスキーでも何とかなりましたけど。

f:id:kawacame1959:20210101161217j:plain

一番のお気に入りカットはネットには載せませんが作例に使えそうなカットも写せました。

f:id:kawacame1959:20210101161404j:plain

あとびっくりしたのは縦列駐車の際に左後方で「バリバリ」と音がしたのでよく見たらガードレール付近に映えていた1センチほどの太さの木の枝が車の左後方側面に当たって擦っていたのです。暗かったので見た目は柔らかな枯れ枝と葉だと思っていたのが大間違い。撮影後明るくなってよく見たのですが車体には傷も見えずにまずはほっとしています。正月早々なんということでしょうか!

f:id:kawacame1959:20210101161431j:plain

隣接した東京ヘリポートには報道ヘリが3台出ていました。例年なら7時前後は飛び立っています。やはり今年は人でも少ないので空からの絵は必要ないのでしょうか。

f:id:kawacame1959:20210101161453j:plain

JA88CXはフジテレビ、JA02AXは日テレ、後方のJA06HDはTBSで使っているようです。

詳しくはこのHPに書いてありました。けっこうスピードが出るのですね。

【JA88CXとJA02AX】Bell430→http://www.246.ne.jp/~heli-ss/430.html

【JA06HD】SIKORSKY S-47→http://www.246.ne.jp/~heli-ss/76.html

f:id:kawacame1959:20210101161633j:plain

珍しくローキーな写真を。夜明け直前の荒川河口の京葉線の鉄橋です。

狛犬ってどっち?元旦に先駆けてお札と破魔矢を受け取りに氏神さまへ

今回は元旦の氏神様へのお参りは控えようということに家族が一致しました。

いつもお参りの時にお札と破魔矢を受け取るのですがコロナの影響で今日28日に受け取れるというので買い物帰りに北野神社へ寄ってきました。

f:id:kawacame1959:20201228135041j:plain

10~15時の間限定なのですが10名ほどがすでに並んでいました。一列で間隔をあけています。どこぞのラーメン屋も見習ってほしい(笑)

例年、除夜の鐘をききながら新年を迎える夜だと横3人で前後は寒いせいもあってピッタリという感じなので、そりゃあ「密」なのです。

f:id:kawacame1959:20201228135131j:plain

さて、破魔矢などをもらい(1,500円です)昨年のものを納めました。

f:id:kawacame1959:20201228134915j:plain

ここから本題です。

神社入り口の狛犬

f:id:kawacame1959:20201228134718j:plain

 

これって向かって左が狛犬、右は獅子なんですって。

知らなんだ。

狛犬は口が閉じている吽、獅子は口を開いた阿像。

角は生えていないものも多いそうです。

 

境内で足立区が災害用に備蓄している非常食をもらいました。賞味期限が近いそうです。ありがたや~

f:id:kawacame1959:20201228135324j:plain

 

冬の日本橋で金魚。アートアクアリウム美術館

f:id:kawacame1959:20201227194126j:plain

このような色物の展示はあまりゆかないのですが(高いし)、夏季限定公開だったころから生徒さんたちが撮った作品をよく見ていたので夏前に前売り券を買って「観てやろう」と思っていました。そしていろいろ時間が過ぎてしまい年内でないとチケットの期限が切れるので昨日慌てて行った次第です。

f:id:kawacame1959:20201227194150j:plain

今回の使用カメラとレンズは富士X-T1(古い!)、10~24mm、18~55mmです。

今回はいろいろ面倒なので館内はISO3200でAWBとしました。RAWも記録しているしいい~やという気持です。

f:id:kawacame1959:20201227194228j:plain

ほとんど使わないし修理明けだったのでAF補助光は点灯しちゃうしびっくりしました。

館内はフラッシュ使用不可です。動画撮影もNGです。

f:id:kawacame1959:20201227194313j:plain

まあ、カメラが手になじんでないのと18~55mmレンズは手ぶれ補正がないので苦労しましたし、AFが遅くてここっていうところに合いません。金魚は動くのです。

f:id:kawacame1959:20201227193656j:plain

3次元的に動くし多数の個体が泳ぎ回るので思ったような絵になりません。

難しいなあ。

f:id:kawacame1959:20201227193833j:plain

30数年前におさかな図鑑の撮影(中判フィルムで)でも苦労したことを思い出しましたが高感度撮影ができる事が救いです。

f:id:kawacame1959:20201227193920j:plain

金魚はキレイでした。やはり凝った照明のおかげでしょう。

f:id:kawacame1959:20201227193951j:plain

アクリルのケースも様々な形で透明度も高く、汚れもなくクリアーに金魚が見えます。

f:id:kawacame1959:20201227194022j:plain

f:id:kawacame1959:20201227194040j:plain

でも、なんか罪を感じました。

f:id:kawacame1959:20201227194543j:plain

どういう気持で僕らを見ているのかなあ。

f:id:kawacame1959:20201227193618j:plain

中の金魚(コイもいるのですが)たちは相当なストレスなのでは?

f:id:kawacame1959:20201227194454j:plain



f:id:kawacame1959:20201227193720j:plain

それを思うと人間のやっていることは許されるのだろうかと思ってしまいました。

f:id:kawacame1959:20201227193750j:plain

ということで午前中から入館したので空いていたのと、駐車場も近いし三越へ買い物もできたしおいしいカキフライも食べられた(日本橋に似合わないような普通の家族経営の定食屋さん、ほとんどのメニューは1,000円で量は男性向き)ので有意義な半日でした。日本橋ってわが家から比較的近いのです。

f:id:kawacame1959:20201227193539j:plain

f:id:kawacame1959:20201227194640j:plain

2階は軽食コーナーなど。何故かお面も展示。

f:id:kawacame1959:20201227195101j:plain

あ、金魚の展示は1階のみで2階に上がると戻れません。

f:id:kawacame1959:20201227195123j:plain

f:id:kawacame1959:20201227195158j:plain

富士のカメラは性能、画質とも満足していますが操作性やフィーリングがもう一息。

もしNがくっついたらカメラとしては最高かも。

無線トリガー追加。GodoxX2TとX1T新旧比較

かしこまった人物の記念撮影では必ず2台のカメラで撮影します。

以前は2本のシンクロコードを使ってストロボを発光させていましたが、Godoxのストロボに変えてからは送信機(ラジオトリガー)を一台買ったのでシンクロコードは1本となりました。

f:id:kawacame1959:20201227181558j:plain

実は数年前にYOUGNOというブランドの無線システムを使ったことがあったのですが不発が多くて使わなくなりました。それ以降有線、シンクロコードに戻っていました。

 さて、そんな現場風景をおとといFBでアップしたら、なぜかいま手元にもう一台の送信機があるのです。

http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/ttlx1wo1.html

これまで使っていたX2T

http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/godox-x2t.html

の一世代前のものですが予備ということで、あるに越したことはないのとリーズナブルだったので追加したのです。

※無線電波を発する機器は日本の技適シーツを貼った製品を使いましょう。

f:id:kawacame1959:20201227180255j:plain

現場投入はあさってですが簡単に家でチェックしました。

光ります!

ストロボの光量を変えたりもできます。・・・当たり前。

f:id:kawacame1959:20201227180353j:plain

総じてX2Tの方が使い易いのですが簡単にまとめると下記のような感じです。

カメラへの着脱はロックレバー式のX2T。

f:id:kawacame1959:20201227180813j:plain

A~EへのアクセスはダイレクトボタンがあるX2T。

f:id:kawacame1959:20201227180515j:plain

液晶表示の見やすさはX2T。

液晶表示のバックライトは明るすぎないX1T。

電池の持ち・・・?

f:id:kawacame1959:20201227180444j:plain

ダイヤルの操作性はX1T、もう少しダイヤルが大きいと◎

モデリングのON/OFFは長押しのX2TよりWクリックのX1T。

f:id:kawacame1959:20201227180626j:plain

接続端子類はX2T。

取扱説明書は日本語でも読めるX2T。

→X1Tも本来は日本語取説もあるそうです。本日入手できたので大丈夫です。

また2台とも近接モードもあるので僕は節電?のためにそちらにしています。

 

こんな感じかなあ。

来年はV1をまず導入したいけど1月にバイクの車検があるのです。

http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/godox-v1.html

 

 

 

傘、撮影用のアンブレラ(パラソル?)の修理

写真撮影用に光を拡散し軟らかくする道具がアンブレラです。

私たちは「傘」と呼びます。

大型ストロボの発光部に差し込んで簡単に使えるのが特徴で設置も撤収も簡単だし軽くてかさばらず比較的安価なのでよく使われます。

f:id:kawacame1959:20201216153133j:plain

永く使ってくると黄ばんで発色が悪くなるのですが今回壊れたのは家にある一番小さな直径のものです。これ以外に直径1m程度のものと1.7mほどの大型傘もあります。

f:id:kawacame1959:20201216153153j:plain

f:id:kawacame1959:20201216153216j:plain

さて、傘の骨の一本が外れていました。

先端の樹脂が割れて布が固定できていません。

この傘は比較的新しいので捨てるのはもったいない。

f:id:kawacame1959:20201216152911j:plain

そこで100均で傘修理セットを買ってきて自分で縫い付けることにしました。

裁縫道具を使うのは数年ぶり?

f:id:kawacame1959:20201216152801j:plain

小学校5年になったころ家庭科の授業で必要になり買った道具をまだ使っています。

もう50年前です。

f:id:kawacame1959:20201216152822j:plain

f:id:kawacame1959:20201216152845j:plain

僕のじいさんは学生服の仕立て屋さんでした。

なのに僕は裁縫は全くダメでその理由は糸が結べないことなのです。

最後の止め結び方がどうしてもできません。

f:id:kawacame1959:20201216152725j:plain

ということでわざと赤い糸でやったのが目立って悲しいことになりました。

でもこれで明日から使えます。

どうして接近するのだろうか?

f:id:kawacame1959:20201215073351j:plain

f:id:kawacame1959:20201215073420j:plain

1時間運転すると必ず一度は後続車に接近されることになる。

さてどういう理由や真理で前車に接近するのだろう?

1. 早くゆきたい(仕事のため、生理的現象のため)

2. 追いかけている

3. 威嚇又は嫌がらせ

4. 寂しいからそばにいたい

5. 自分の後ろの車のため(混んだ交差点での左折待ち状態)

6. 道路の有効活用

かなあ?

画像の車両はどんどん車線変更を繰り返しつつも前車にべったり。

最後は私の車の方が先になってしまったけど・・・

焦っていると判断間違うよね。

 

車の特徴的にはワンボックス系が多いですね。やはり前が開けて見えるからでしょう。

なのでお酒の卸業者や軽のワンボックスバンにこのような運転をする人が多く感じます。玉突き事故の被害が増えるのでもう少し車間距離は広いほうがいいのになあ。